きれいな女性

切らずに脂肪を吸引

痩身効果が高いとされている脂肪吸引には、切らずに吸引をする方法もあります。
一般的な脂肪吸引ではカニューレという吸引管を使用するため、数ミリから1センチ程度は切開が必要でした。
切開をしなければならない範囲はかなり狭くなりましたが、それでも少しは切開をしなければならないので、場所によっては、傷跡が他の人に見られてしまうこともあります。
しかし、近年は切らない脂肪吸引というものも登場し、切開をしなくても脂肪吸引が行えるようになったのです。ですから、顔など露出する場所の部分痩せも気軽にできるようになりました。

たとえ、数ミリでも切開をするとなれば、大掛かりになりますし、少しは身体にリスクを伴います。痛みも感じますし、手術後には腫れがでてしまうこともあります。
しかし、切らない脂肪吸引では、切るリスクを伴いません。ダウンタイムも少なくて済むので、女性の間で注目されています。

切らない脂肪吸引は、脂肪細胞を吸引するのではなく、死滅させることで痩身効果を得るものです。
ただし、切らない脂肪吸引は、切る脂肪吸引に比べて、1度に死滅させられる脂肪細胞の数が少ないです。
ですから、切る脂肪吸引に比べると痩身効果が得られない場合もあります。
そのため、何度も通院をしなければならない可能性もあり、値段が高くなってしまう可能性もあるのです。

脂肪吸引にかぎらず、美容整形を行うのであれば、リスクやデメリットもきちんと理解をしておきましょう。